宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

岩間牧師の紹介

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム

岩間牧師の紹介

(左から)
次男:臨  妻:千恵子 岩間洋



長男:篤知
愛犬:アルル
キリスト教との出会い
■岩間 洋(58才)

1952年(昭和27年)9月15日、三重県鈴鹿市生まれ。

地元の公立高校卒業後、1971年4月、京都の同志社大学文学部に入学。1年生の冬休みに郷里に帰省中、クリスマスの集会に誘われて、初めてキリスト教会(日本キリスト教団鈴鹿教会)の門をくぐる。その後、京都・岩倉の岩倉キリスト教会で求道生活を始める。

1973年4月22日、岩倉キリスト教会で、川崎 聴牧師より洗礼を受ける。のち、自分の罪が示され、悔い改め、キリストの十字架を信じて、罪の赦しと新生を体験。

■妻・千恵子(57才)…伝道牧会のかけがえのないパートナー。

■長男・篤知(31才)…神学校を卒業し、この春から伝道師1年生。神様のために用いていただける器になりたい。

■次男・臨(23才)…大学を卒業しこの春から社会人1年生。趣味はギターと車の運転。


■アルル(6才)…5年前に、もらわれてきたアフガンハウンド犬。手間がかかるけど、けっこう家族のいやしになっています。 もうすっかり家族の一員。

献 身

その年の秋、ある宣教大会で招きに応じ、献身を決意。その後、市民運動から思想運動に没頭し、信仰から脱線。
1975年、大学を卒業。帰郷。通信教育で小学校教師を目指す。
小学校教師免許を取得し、小学校講師を務めながら、教員採用試験を受験。

1978年3月、学生時代に面識があった旧姓・安部千恵子と結婚。
採用試験を受験、失敗を繰り返す中で、神の導きを感じ、再び献身の思いが与えられ、妻と祈り始める。
1985年 教会設立式並びに
教師任職式
1979年4月17日、長男誕生。その夜、エレミヤ書 1章 7節の御言葉によって神からの召命を確信。

「すると、主は私に仰せられた。
まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、
わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。彼らの顔を恐れるな。
わたしはあなたとともにいて、あなたを救い出すからだ。・・主の御告げ。・・」

聖書 エレミヤ書 1章 7〜8節

妻・長男と共に神戸・塩屋に移住し、1981年4月、日本伝道隊立(当時)関西聖書神学校に入学。妻も1年間聴講し、1985年3月、卒業。

牧会・伝道

初陣の地は、開拓の宝塚栄光教会。不安で一杯だったが、
ヨハネの福音書12章26節の御言葉に励まされ、奉仕が導かれ、
今日に至っている。

「人もし我に事えんとせば、我に従え。
わが居る処に我に事うる者もまた居るべし。
人もし我に事うることをせば、我が父これを貴び給わん。」

聖書 ヨハネ12章 26節 文語 訳
野上会堂にて

宝塚栄光教会のあゆみ

1985年4月 野上4丁目に教会設立
1989年3月 教会移転(野上から伊子志3丁目へ)
1992年12月 教会移転(伊子志3丁目から市役所前へ)
1996年10月 猪名川霊園に納骨堂建築
1999年3月 教会移転(市役所前から現在の中州1丁目へ)
1999年5月 献堂式
伊子志会堂にて
市役所前会堂にて
PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075