宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

チャーチニュース

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム

チャーチニュース

教会で行われる様々なイベントの活動報告ページです。
2013年7月6日 チャーチニュース: カップルズ・サパー開催

●6月30日(日)夕刻、カップルズ・サパーが開かれました。音楽ゲストは田中恵子姉、メッセンジャーは吉野尚文師(ゴスペルライフ甲東チャペル牧師)。昨年、一昨年はメンズ・サパーとして行いましたが、まだ教会に来ておられない奥様も対象にしようということで、今年はカップルズ・サパーに。

奥様やご主人が祈って誘った結果、主が祈りに応えてくださり、5人の方々を送ってくださいました。
田中姉のおなじみの軽妙なトークと歌とピアノ、吉野師のユーモアとウィットに富んだバイブルメッセージをお聞きしたあと、大阪で料理人として働く増野 慎氏の包丁による中華料理に舌鼓を打ち、豊かな恵みの時が流れました。

 

●いよいよデイサービス開設!

7月1日(月)、教会で「デイサービス オリーブの実」が開設されました。特別養護老人ホーム・宝塚栄光園での宣教から産み出された私たちの教会の当初からのビジョンは、教会の中に高齢者福祉施設を創るということで、ずっと祈られてきた課題
でしたが、昨秋に宗教法人格をお与えくださった主は、その皮切りとして、小規模デイサービスの働きを始めさせてくださいました。
前日の礼拝後に、多くの方々が列席してくださる中で開所式を行い、翌1日に開所。初日は利用者はありませんでしたが、それも神様は恵みの時としてくださり、職員の研修を持ちました。
2日目は体験利用の方が1名来られ、職員は緊張感をもって対応。3日目は利用者の方が2名、体験の方が1名…というように、初めから利用される方が多いということではありませんでしたが、これも職員が徐々に慣れるようにという神様のご配慮だったと思います。
感謝なことに、多くのボランティアの方々が与えられました。教会員で厨房に入ってくださる方、中州老人会「ゆとりの会」でちぎり絵などの制作に当たってくださる方など、心から喜んでお手伝いくださる方々が起こされています。
神様が志を立てさせて実現に至らせ、前進させてくださるデイサービスの働きが、神様の栄光を現すものであるように祈ります。

 

 

 

 

 

 

2013年6月8日 チャーチニュース: いちご狩りの恵み

6月2日(日)礼拝後、神戸市北区の温井農園へ、いちご狩りに出かけました。今年の春はいつまでも寒く、いちごの出来が遅いと思われましたが、5月は夏のような暑い日が続いて、逆にいちごが早く終ってしまう心配が出てやきもきしましたが、農園の方の“大丈夫”との声をいただいて、総勢81名が車16台を連ねて出かけました。

 

入梅が例年より10日早い中で、天候が心配されましたが、神様の祝福をいただいて、曇ってはいましたけれども、甘い香りが漂ういちご畑に入りました。終る頃にはすっかり晴れて、薄日の差す天気になりました。

 

軽くお弁当をいただいたあと、さっそく畝の中へ。大人も子どもも、よく熟したいちごを摘み取っては、水で洗って口へ。この季節最後の、路地ものならではの味わいを楽しみました。

 

初めて参加してくださった方や子どもさんが多く、みなさんとてもリラックスして喜んでくださり、恵みに満ちたひと時となりました。

 

 

 

 

 

 

 

2013年5月25日 チャーチニュース: 楽しかったワークショップ

5月19日(日)午後3時より、平木奈々子さんのワークショップが行われました。

 

「すみ子トートバッグ」と名付けていますが、一般に言う升杯袋です。「すみ子」というお名前は奈々子さんのおばあちゃんのお名前から来ているそうです。このおばあちゃんの地方では、嫁入り道具として、お米が1升、5合、1合入る3種類の巾着袋を持たせていたそうです。縫い合わせ方は地域によって異なるそうで、このたび、奈々子さんはご自分のおばあちゃんの地方の縫い合わせ方を教えてくださいました。

 

基本的な縫い合わせ方は指導していただき、みなさんはそれぞれが好きなデザインで縫い合わせて、決められた制限時間でやり始めました。はじめは言われた通りするのに、ただ必死の思いでやっていたものの、制限時間が迫ってくる頃には、「だんだん楽しくなってきた。」という声も飛び交いました。すると、奈々子さんは制限時間を延長してくださり、わたしたちが喜んで縫っている姿を一緒になって喜んでくれていました。それぞれみんなが気に入るかわいい「すみ子トートバッグ」を完成させることができました。

 

最後に、奈々子さんのお友達の手作りビスコッティをいただいて、縫い物に神経を集中させて必死になっていた頭をやわらかくしていただきました。

 

一昔前の日本の様子を想いながら、とても温かみのあるバッグを指導していただいて、みんな奈々子さんに感謝しました。またワークショップに来ていただけたらと思います。  (Y.E)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年4月27日 チャーチニュース: 祝福されたゴスペル・ジョイント・コンサート

4月27日(土)夜、アメリカのサックス奏者ロン・ブラウンさんとボーカルのティム・ケプラーさんをお迎えして、ゴスペル・ジョイント・コンサートが開かれました。
ロンさんもケプラーさんも、若いころ麻薬に溺れ、どん底を味わう中で生けるまことの神と出会い、キリストの救いにあずかられて、生涯を神にささげられたミュージシャンです。
5時半開場のころは、まだまばらな来場者でしたが、6時開演まぎわには続々と来られ、教会員が立ち見になるほど満席になり、参加者202名、うち初めての方72名という新記録をマークするまでになりました。
初めてという方の中には、フライヤーを受け取って来られた方が24名もおられ、さらには、新聞折り込みのために毎月「Glory」を持ち込んでいる新聞店の方が来られ、感激しました。
ロンさんのサックスの深い響き、ケプラーさんのテナーからソプラノまでの豊かな歌声、そしてお二人の真実な証しに一同心揺り動かされ、深い感動に包まれました。
このようなすばらしいコンサートを与えてくださった神様に心から感謝します。

 

 

 

 

 

 

2013年4月6日 チャーチニュース: スプリング・イースター・コンサート開催

3月31日(日)イースターの夕刻、ピアニストの藤丸 麗さんをお招きして、スプリング・イースター・コンサートが開かれました。藤丸さんによるイースター・コンサートは3回目になります。

 

“ショパニスト”と呼ばれるほどショパンの曲をよく弾かれる藤丸さんですが、今回は“賛美”をテーマに、祈りやとりなしの曲が印象的でした。

 

最後は、娘さんのユリアンナ唯ちゃんのリードで、“アメイジング・グレース”のメロディーに“ハレルヤ、アーメン”の歌詞をつけた歌を一同で歌うという楽しい締めくくりになりました。

 

93名の方々が集われ、そのうち初めての18名の方々は、ほとんどが新聞折り込みの「Glory」や配られたチラシを見て来られた方々で、神様が私たちに大きな励ましを与えてくださいました。

 

 

 

 

 

 


| 1 | 2 |
PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075