宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2014.4.27 礼拝メッセージ: 「天の故郷を望み見て」 ヘブル11:13−16

召天された方々を覚え、我らに与えられた希望を確認する召天者記念礼拝を感謝します。

 

本章は、信仰の勇者たちが挙げられている章で、信仰の尊さを継承していく者たちの幸いが語られている。特にアブラハムの信仰は、行く先を知らないで出発する信仰、他国にいるようにして幕屋に住む信仰だった。信仰による歩みがいかに祝されたものかがわかる。

 

我らは、見えるものによらず、信仰によって歩むように召されている。信仰の勇者たちは、みな天の故郷を目指していた。我らもそのように歩みたい。

 

我らは、例外なくみな死ぬ。しかし、キリストの贖いをいただいて、信仰によって歩んでいるなら、信仰がそのまま生活に現われ、生活が信仰そのものになっている。死んでも信仰によってなお語る者とされたい。

 

アブラハムたちは、約束の恵みは手にしていなかったが、神は必ず成就し給うと確信していた。地上では旅人、寄留者だから、地上で約束の成就を見なくてもよかったのだ。天上に測り知れない希望をもっていたからだ。

 

故郷は最も落ち着くことができる場所、安住の場だ。我らは、この世では旅人、寄留者であることを自覚したい。真の故郷はこの世にはなく、天にあることを確認したい。この世では安住の場所がなく、天の故郷を得るまでは落ち着かない者とされているのだ。

 

アブラハムは、自分が出てきたハランやウルを思い出し、懐かしめば、十分に帰ることができたが、帰らなかった。それらは、偶像礼拝と罪の虚しい生活であって、安住の地ではないからだ。我らも、エジプトを懐かしむところがないかどうか、点検したい。

 

信仰の勇者たちは、さらにまさった天の故郷を慕い、熱望していた。それこそ安住の地だったからだ。地上に望みを置かず、天の故郷を慕う者を、神は喜び給う。そういう者の神であると呼ばれることを恥じ給わず、むしろ誇りとし給う。

 

神は彼らのために故郷、都を用意された。人間が建てた都は朽ち果てるが、神の用意し給う天の都は揺るがない。神が計画し、基礎を造り、建て上げ、運営し給う天の都だからだ。こういう都を信仰の勇者たちは目指し、熱望した。まだ得ていなかったが、望み見て喜んだ。

 

我らにも、もっと良い天の故郷が約束されている。それは、@死んだ先の天国だ。そこに我らの国籍が移されている(ピリ3:20)。A新天新地だ。死も悲しみも叫びも苦しみもない、神が共に住み給う永遠の都だ(黙21:1-4)。

 

もっと良い天の故郷を求めよう。天の故郷への強いあこがれをもって進んで行こう。我らを後ろに引き戻そうとする力は様々に働くが、それらと戦い、目を上げて天の故郷を慕おう(コロ3:1-4)。

 

動画を見たい方はこちらから  

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075