宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

希望のダイヤル

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム
一覧に戻る 前へ 次へ
2014.5.3 希望のダイヤル: 世界で一番幸せな者

ローマ4:7,8

 

こんにちは。ご機嫌いかがですか。

 

自分が幸せであるか、不幸せであるかは、その人の主観によります。多くの財産を持っていながら、幸福とは思っていない人もいるでしょうし、逆に貧しくても幸せだと感じている人もいるでしょう。このように、幸福観は相対的なものだといえるでしょう。

 

しかし、聖書をひもときますと、ほんとうに幸せな人とは、こういう人のことだ、とはっきり断言しています。新約聖書のローマ人への手紙4章7、8節で、このように書いています。「不法を赦され、罪をおおわれた人たちは、幸いである。主が罪を認めない人は幸いである」。世界で一番幸せな者とは、お金持ちでも、地位のある人でもなくて、神様に罪が赦された者だ、というわけです。

 

罪とは、まことの神様から離れてしまっている心の状態です。神様の手によって、神のかたちに造られた私たちは、神様から離れては、滅びるばかりです。このように、私たちは、みな神様の前に滅びゆく罪人です。

 

しかし、神様は、私たちが滅びることを願われません。私たちが滅びないで、罪から救われるようにと、イエス・キリストを十字架にお付けになりました。罪のない神の子キリストは、「わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」と、十字架の上で神様からさえも捨てられ、血を流して死なれました。私たちのためでした。キリストは、私たちの身代わりに十字架に死なれたのです。

 

私たちが自分の罪を悔い改め、キリストの十字架はこの自分のためだったと信じるなら、どんな罪も赦され、滅びから救われることができるのです。この罪の赦しをいただいた者が、一番幸いだ、と聖書は言っています。なぜなら、人生のあらゆる祝福は、罪の赦しから始まるからです。

 

この幸福は、一生懸命努力をして、頑張って獲得するものではありません。罪を悔い改めて十字架を信じるだけで、誰にでも与えられるものです。“そんな虫のいい話…”と思われるでしょうか。そうです、聖書の救いは虫のいい話なのです。

 

あなたは、もうこの幸福を自分のものにされたでしょうか。ぜひ一度、教会においでになって、最高の幸いの道を見いだしていただきたいと願っています。

 

教会では、5月18日(日)午後4時から、チャペルコンサートを開きます。福田豊子さんのソプラノ、横山佳代子さんのピアノ、また松之内令子さんの朗読が織りなす安らぎのひと時をご用意して、あなたのおいでをお待ちしています。入場無料です。お気軽にお越しください。

PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075