宝塚栄光教会 HOME アクセス お問合せ

礼拝へようこそ

集会案内
礼拝
教会学校
聖書の学びと祈り会
はじめての方には
教会からのお知らせ
チャーチニュース
教会員に聞いてみました。
キリスト教 Q&A
礼拝へようこそ
岩間牧師の紹介
24時間希望のダイヤル
セレモニー
教会のアルバム

礼拝へようこそ

礼拝のメッセージ(説教)を、文字と動画でお伝えしています。
毎週日曜日に行っている礼拝の中心は、牧師によって語られるメッセージです。それを、こちらで配信しています。内容は、神様は私たちを愛しておられること、キリストは私たちの救い主であること、キリストに従うことが神様の祝福の道であること、と要約することができます。ところどころ、耳慣れない言葉も出てきますが、全体的には、平易でわかりやすい内容です。
"キリスト教や教会には興味があるけど、いきなり出席するのには抵抗がある"という方は、ぜひ配信されているメッセージをお聞きになって、雰囲気を味わっていただけたらと思います。

最新の説教

2014.2.9 礼拝メッセージ: 「神を喜ぶ生涯」   ローマ4:25−5:11

 本書には福音の恵みがわかりやすく説かれている。我らは神のかたちに創造されたのに、み言葉に背いて神から断絶された。罪に定められた我らは、例外なく滅びゆく者になった。しかし愛なる神は、我らに救いの御手を伸べ、御子を世に遣わされた(4:25a,5:8)。罪なき神の子が、我らの罪のために十字架にかかられたのだ。キリストの死は、我らのための身代わりの死だった。独り子を惜しみなく与え給うほどの神の愛によって、我らは罪と滅びから救われた(4:7,8)。

 

 罪を悔い改め、十字架を信じて、我らに赦罪が与えられる。そればかりか、一度も罪を犯さなかった者とみなされる。それが義認だ。キリストの復活は我らの義認の保証だ(4:25b)。

 

 信仰によって義と認められた例がアブラハムだ(4:17-19)。彼は、高齢に達していても、神は約束通り跡継ぎを与え給うと信じ、その信仰を神は喜び、彼の義と認め給うた。我らにもこの約束が与えられている(4:23,24)。神の国を受け継ぐ約束、天の資産を相続する約束が、信仰によって義とされた我らにも備えられている。まず罪を悔い改め十字架を信じて、罪赦され義とされた者になりたい。

 

 アダム以来神に敵対していた我らが、神との和解を得るとは、なんと幸いなことか(5:1)。義認は救いの土台であり、ここからスタートする。

 

 5章3〜11節には、クリスチャンの勝利に満ちた歩みが記されている。喜びに満たされた生涯だ。患難を喜ぶと言う。なぜそう言えるのか。@患難は忍耐を生み出すからだ。忍耐は苦しみの中からのみ生まれる。A忍耐は練られた品性を生み出すからだ。忍耐する中で心が鍛えられる。B練られた品性は希望を生み出すからだ。鍛えられた魂には失望に終わらない希望が与えられる。何と輝かしい歩みか。

 

 しかし、ここで自分の現実の歩みに目を向けるなら、自分が何とかけ離れているかを思わざるを得ない。喜びや平安のない歩み、不平・不満に満ちた生活、失望・落胆の連続の日々ではないか。何と理想とほど遠い歩みをしていることか。

 

 けれども、ここに記されているのは単なる理想ではなく、標準であり約束だ。「いま我らの立っているこの恵み」(2節)がポイントだ。救われ、神と和らがしめられて喜んでいる魂は、やがて自分の醜さが見えてくる。救われたのにまだ妬み深く、傲慢な己の姿に気がつく。み言葉の光に照らされていくと、自己の真相がわかってくるのだ。

 

 しかし、キリストの贖いは完全だ。主は、過去の罪の精算のみならず、現在の自我をも始末し給うた。我らがごまかさず、繕わず、言い訳せず、自己の真相を直視して絶望し、すでに御業が成し遂げられている十字架を仰いで決算すれば(ガラ2:20a)、キリスト内住の信仰をいただくことができる(ガラ2:20b)。

 

 ここを通った魂が、喜びと希望に満ちた生涯を始められる。神が我らに希望を与え給うのは、我らの内に住まわせ給う御子の霊を愛するゆえだ。この御霊によって、我らは子とされ、「アバ、父」と呼ぶことが出来る。そこまでして子とされた我らを、神はこよなく愛し給う。

 

 これがクリスチャンの歩みだ。神がこういう力強い勝利の生涯を送らせ給う。恵みもさることながら、恵みを与え給う神ご自身を喜ぶ者となる(11節)。恵みよりも恵み主だ。何はなくても神ご自身を喜び、神ご自身で満足する、これがクリスチャンだ。

 

 成し給う主を信じよう。義とされたことがどれほどの恵みかを思い、それを土台にどれほどの恵みが備えられているかを知ろう。贖いの恵みを感謝しよう。

 

動画を見たい方はこちらから

バックナンバー

2014.2.9 礼拝メッセージ: 「神を喜ぶ生涯」   ローマ4:25−5:11
2014.2.2 礼拝メッセージ: 「主の救いを見よ」  U歴代20:1−30
2014.1.26 礼拝メッセージ: 「きょう、驚くべきことを」  ルカ5:17−26
2014.1.19 礼拝メッセージ: 「全き献身」  レビ1:1〜17
2014.1.12 礼拝メッセージ: 「生ける神の御子キリスト」  マタイ16:13−28
2014.1.5 礼拝メッセージ: 「成熟を目ざして」  ヘブル6:1−12
2014.1.1 元旦礼拝メッセージ: 「時は満てり」  マルコ1:14−20
2013.12.29 礼拝メッセージ: 「信仰の従順をもたらすため」  ローマ1:1−7
2013.12.22 礼拝メッセージ: 「現された最高の愛」 Tヨハネ4:7−11
2013.12.15 礼拝メッセージ: 「定めの時が来たので」  ガラテヤ4:1−7

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
PAGE TOP
Copyright(C)2007 宝塚栄光教会. All Rights Reserved.
〒665-0021 兵庫県宝塚市中州1-15-9
TEL:0797-73-6076 FAX:0797-73-6075